川崎駅東口から徒歩1分、川崎日航ホテル6階にある「日航ビル歯科室」。当院は歯周病治療、予防歯科を中心に患者さんとの信頼関係を第一に生涯を通じて患者さんのお口の健康をお手伝いをしていきます。土日も診療。歯周病治療、予防歯科、ホワイトニング、審美歯科、矯正歯科、訪問歯科

歯ぎしり治療

歯ぎしり・食いしばり治療

歯周病、知覚過敏、顎関節症、歯の破折・・・

歯ぎしりや食いしばりはそんな数多くの口腔疾患を引き起こす原因になってしまいます。

 

歯ぎしりの種類

歯ぎしりというと、睡眠中に歯が強く擦れ合って「ギリギリ」と音が出る状態のことを思い浮かべと思います。睡眠中の歯ぎしりは無意識に行なうため力強く、歯や顎へのダメージも大きなものとなります。

このギリギリと歯を擦り合わせる状態を「グラインディング」と呼ばれ、一般的に歯ぎしりと呼ばれているのは、主にこのタイプです。

歯ぎしりは、このグラインディングと、「ググッ」と上下の歯を強く噛みしめたり食いしばる「クレンチング」、「カチカチッ」と歯をすばやく打ち鳴らす「タッピング」の三つに大別され、人は眠っているときに限らず、昼間でも無意識に歯ぎしりを行なっています。

 

歯ぎしり・食いしばりが歯に与える悪影響

歯ぎしりや食いしばりを放っておくと、歯周病の悪化、肩こり、頭痛、眩暈など様々な不快症状を引き起こしてしまう恐れがあります。代表的な症状を一覧にしたので、あてはまる人は専門の医療機関の受診をお薦めします。

口周りの不調

長期的になると歯だけでなく顎や顔の形にまで影響を及びます。
毎日、強く噛み合うことで、歯だけでなく、顎の筋肉、関節、はたまた骨にまで影響を及ぼします。治療した歯の詰め物がすぐにダメになってしまったり、時間掛けて矯正したのに結局歯並びが悪くなってしまうことも。

<顎関節症>

歯ぎしり・食いしばりによる顎の痛み主に「歯ぎしり」が原因となる場合があります
口を開けるとアゴの関節に痛みを感じたり、顎の関節左右の動きにズレがあって違和感があるときというのは、顎関節症である可能性が高いです。
また、物を噛む際に顎の関節に痛みを感じたり、顎が外れそうになるケースも同様です。

<顔の変形>

片側だけの「食いしばり」をしている人が一番危険です
片側だけで食いしばりしている方は、食事の際も同様に片側だけで噛む癖のある方が多くいます。そうゆう生活習慣から、顎の筋肉が力を加える方だけに発達して、顔の歪みを引き起こすことになります。ひどくなると、目や頬の大きさや張り方が右と左で違ってきます。片側だけ張っているように見えたら、要注意だと思ってください。

<知覚過敏>

歯の表面のエナメル質がはがれ、象牙質の露出が原因で起こります
虫歯が見当たらないのに冷たいものがしみたり、歯ブラシが当たると瞬間的な激痛が走る場合には、「知覚過敏」の可能性があります。
知覚過敏は軽度のものでしたら塗り薬の塗布などで症状を和らげることが出来ますが、ひどくなってしまうと場合によっては歯の神経を抜くということも視野にいれなくてはならなくなってしまいます。

体の不調

歯ぎしりが原因で肩こりや頭痛、腰痛など色々な症状に発展し、全身まで影響を及びます。

<頭痛・肩こり・腕のしびれ>

極度の筋肉の緊張が引き起こす慢性的な症状極度の筋肉の緊張が引き起こす慢性的な症状
「歯ぎしり・食いしばり」は、歯に力を入れ過ぎるため、顎周り、首筋、肩などの筋肉が極度の緊張を起こし、血流が悪くなることが原因です。慢性的な肩こりや腰痛で悩まされている人は疑った方が良いかもしれません。ひどくなると、腕や肩がしびれるような症状もあらわれてきます。

<腰痛や股関節のずれ>

顔の変形が悪化してくると体全体の歪みの原因に
顔の変形と原因は同じ。顎の筋肉は、首、肩の筋肉に繋がっている筋肉もあり、顎の骨が変形してくると、背骨、骨盤にまで影響を及ぼすようになります。反対に姿勢の悪い人は、この要因で「歯ぎしり・食いしばり」を起こしている可能性もあります。骨と筋肉は全部繋がっているので、歯のことだからと軽く思わないようにしてください。

<全身の倦怠感・だるさ>

朝起きてもだるさが抜けない原因は睡眠中に力み過ぎている
「歯ぎしり・食いしばり」がひどくなると、全身に力を入れて寝ている場合もあります。
一晩中、力んで寝ていたら、起きた時に疲れているのは当たり前ですね。日中ではありえない筋肉の使い方をしているせいもあるので、朝から倦怠感に悩まされることに。
疲れていると感じたら、朝からお風呂に浸かってリラックスするのも手です。

 

歯ぎしりの原因と対処法

マウスピース

マウスピース精神的なストレスは歯ぎしりを強くする要因の一つと言われており、歯ぎしりを無理に止めるのは、ストレスの発散を妨げることになるため良くないという見解もあります。

そういった見解もあり、現在では歯ぎしりを止めるのではなく、マウスピースを付けて眠ることで歯ぎしりによる歯や顎へのダメージを軽減する方法が一般的です。
マウスピースは慣れないうちは違和感があるので、使いたくないという方も多いかと思いますが、毎日マウスピースを使用している方の多くは、歯ぎしりが原因と見られる症状の改善が見られます。

歯ぎしりは常に行われている

睡眠中の歯ぎしりは、無意識に行うためダメージが特に大きいのは確かですが、起きている時にも、無意識の歯ぎしりは行われています。
もちろん、無意識に行っているとは言っても、睡眠中のように制限無く力を入れるという例は少ないでしょう。しかし、弱い力であっても、長時間に渡って負荷が加われば、そのダメージは大きなものとなります。睡眠中のマウスピース装着で、十分に症状が改善されない場合や、症状の改善が見られ更に効果を上げたい場合は、起きているときの歯ぎしりにも目を向けると良いでしょう。

具体的には、普段から上下の歯を噛み合わせていないか注意するようにしたり、原因のひとつであるストレスをコントロールできるようリラックスを心がけるのも良いでしょうし、家の中にいる間など、生活に支障の無い範囲で、起きているときにもマウスピースを装着するというのも高い効果が見られます。

 

歯ぎしりのセルフチェックをしてみよう!

歯ぎしりは就寝時に無意識にしてしまうものなので、自覚するのはむずかしいですが、歯の状態を見たり、体調を確認することで、自分が歯ぎしりをしていうるかどうかをチェックすることができます。

下記の項目に思い当たることがあれば、歯ぎしりをしている可能性は高いでしょう。

  1. 歯にひびがあったり、欠けたことはありますか?
  2. 上下の歯が噛みあうところに、すり減りがありますか?
  3. 口を普通に閉じた状態で、口の中で上下の歯がくっついていますか?
  4. 集中しているとき(車の運転、パソコンで作業をしている時、趣味に没頭しているなど)に無意識に噛みしめていますか?
  5. 歯と歯ぐきの境い目が削れていますか?
  6. 朝起きた時に口の周囲がこわばっていたり、顎が疲れていますか?
  7. 頬の内側や舌にかんだ痕がありますか?
  8. 肩こりや、頭痛が多いですか?

歯周病など歯でお悩みの方はこちら TEL 044-221-6321 診療時間 10:00~19:30(土日も診療)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+