川崎駅東口から徒歩1分、川崎日航ホテル6階にある「日航ビル歯科室」。当院は歯周病治療、予防歯科を中心に患者さんとの信頼関係を第一に生涯を通じて患者さんのお口の健康をお手伝いをしていきます。土日も診療。歯周病治療、予防歯科、ホワイトニング、審美歯科、矯正歯科、訪問歯科

歯が抜けた

虫歯や歯周病などにより歯を失ってしまうと、様々なデメリットが生じてしまいます。

歯を失うことのデメリット

咀嚼能力の低下

歯を失うと、咬み合わせの面積が減ってしまい、咀嚼能力は低下してしまします。
特に大臼歯を失った場合は、咀嚼能力の低下は顕著です。
また、残っている歯への負担が大きくなってしまうので、残っている歯の寿命を短くしてしまいます。

発音能力の低下

歯を失うと、空気が抜けやすくなってしまい発音がしにくくなってしまいます。
特に前歯を失った場合は発音能力の低下は顕著です。

周囲の歯の移動

歯を失うと、欠損したところに向かうように周りの歯が移動してしまいます。歯が移動してしまうことにより、咬み合わせのバランスが崩れたり、片噛みによる力のかかり方が変わり、残っている歯の寿命が短くなってしまいます。
この歯の移動は時間と共に大きくなってしまいます。
移動量が大きくなると、治療が困難になってしまい予後も悪くなってしまうことも多々あります。
歯を失ったら早めの治療が必要です。

見た目の低下

歯を失うと、審美・美容的(見た目が)に悪くなります。

 

歯を失ってしまった時の対処方法

歯を失ってしまった時の選択肢には、入れ歯・ブリッジ・インプラントの3つの治療があります。
特徴を把握して、歯科医師とともにあなたに合った診療を選びましょう。

入れ歯(部分入れ歯)

部分義歯(入れ歯)歯を失ってしまったときの治療でもっとも一般的なのが入れ歯です。
自費診療の入れ歯だけでなく、経済的な保険診療のものもあります。
入れ歯にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。
入れ歯(義歯)

 

ブリッジ

ブリッジブリッジとは、歯が抜けてしまった部分の左右にある歯を削り土台とし、そこに橋渡しをするイメージで人工の歯を入れる治療方法です。
インプラントと比較する装着感は落ちますが、入れ歯よりは心地良く、また見た目も問題なくしっかり噛む事ができます。

 

インプラント

インプラント失なってしまった歯の部分に、人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療のことです。元々の自然の歯を取り戻したような状態に限りなく近づけることが可能で、入れ歯やブリッジのように他の歯に負担をかけることもありません。
インプラント

歯周病など歯でお悩みの方はこちら TEL 044-221-6321 診療時間 10:00~19:30(土日も診療)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+