フロス、歯間ブラシを習慣にしましょう!フロスはフロアフロス大人気です!

今日は歯間ケアについてご紹介します🦷

歯ブラシによる歯みがきで除去できるプラーク(歯垢)は全体の60%、さらに歯間ケアとの併用で除去率80%になるといわれています。お口の中の汚れは口臭だけでなく、むし歯や歯周病の原因にもなります💦
この数字を知ると歯間ケアを意識しますよね!

では歯間ケアグッズにはどんな種類があるのでしょうか?
主にデンタルフロスと歯間ブラシの2種類があります。
デンタルフロスの代表ともいえる「糸ようじ」ですが、実は小林製薬さんの『登録商標』だということをご存じでしたか?
欧米で一般的だったデンタルフロスは、糸の両端を両手で持ち歯間を清掃するタイプ。慣れないと使いづらいという点がありました。
そこで、小林製薬さんはプラスチックホルダーに糸を張り、片手でも使え、反対側はつまようじとしても使えるようにした「糸ようじ」を1987年に発売。今も進化しながらロングセラー製品となっています。
この「糸ようじ」をはじめとするデンタルフロスは、隣の歯と接している部分や、歯周ポケットといわれる歯と歯ぐきの間の溝など、狭い部分を清掃するのに適しています。糸まきタイプと「糸ようじ」などのホルダータイプがあり、ホルダータイプには、F字型とY字型があります。
一方の歯間ブラシは、歯と歯ぐきの三角スポットや広い隙間のケアに適しています。歯間ブラシにもI字型、L字型があります。
ケアする場所に適した歯間清掃用品を使い分け、効率よくプラークを取り除くことが、歯間ケアのポイントです🌈🙆

日航ビル歯科室では定期検診では歯みがき指導に加え、お口の状態に合った歯間ケアグッズの選び方や使い方のアドバイスをおこなっています。

フロアフロスはYouTubeで指原莉乃さん💗が紹介してから、大人気になりました!ごっそり汚れを取れるのが分かります!!

DSC_0783

初診WEB予約

横浜市青葉区の歯科医院「あおば台デンタルクリニック」は小児歯科・歯科口腔外科・入れ歯・セラミック治療・ホワイトニング、訪問歯科診療(歯科往診)など各種治療に対応。歯のことでお困りのことがありましたらお問い合わせください。