上顎の埋伏智歯(親知らず)もご相談下さい

下の写真の患者様は左上に小さな過剰歯とその下に後ろに傾斜した埋伏智歯がありました。過剰歯は歯肉炎を起こしていて感染が埋伏している親知らずに波及している可能性がありました。

親しらずの埋伏方向を確認するためにCT撮影を実施いたしました。CTでは明らかに親知らずが後ろを向いているのが分かります。

 

 

最初に過剰歯を抜き、その後埋伏智歯を抜歯いたしました。

この埋伏智歯抜歯は難易度の高い抜歯になりました。抜歯窩は上顎洞へ穿孔いたしましたが、頬側歯肉弁と口蓋側歯肉弁を用いて抜歯後上顎洞を緊密に縫合閉鎖を行いました。幸い術後上顎洞炎症状を併発することなく術後経過良好でした。抜歯方法・リスク説明にご同意を頂けるようでしたら、難しいと思われる上顎埋伏智歯にも対応いたします。一度ご相談にお越し下さい。

上顎の埋伏智歯(親知らず)もご相談下さい